私は1992年にバレエ留学をしてから現在に至るまでフランスで生活しています。当時はまだフランスへバレエ留学をされる方は少なく、留学手続きをはじめ日本の家族との連絡すら容易ではありませんでした。でもフランスは外国人の受け入れに好意的で、ホストファミリーの方々をはじめ学校の先生方にもよく面倒を見ていただきました。なぜ、フランスを選んだかといいますとフランスにはバレエ学校が多く、州立や県立は授業費がほとんどかかりません。また、学生寮が完備されているバレエ学校もあり、遠く離れていても安心して送り出すことができます。

フランスではプロのダンサーやバレエの教師というのは一つの職業として認められています。ほとんどのカンパニーが正社員又はシーズン契約社員制度となっており、保険や有休休暇などのサポートもしっかりしています。

海外でバレエを学ぶというのは、バレエはもちろんのこと他の芸術、語学、文化、そして外から見る自分の国や家族など多くのことが学べるのではないかと思います。